ドッグフードにかかる費用の相場

昔に比べて現在は、ペットに対するサービスや、ペット関連の商品の種類が増え、品質も向上しています。ペットの飼育にかかる全体の費用も高くなっているのが特徴です。猫に比べて犬の方が飼育費用はかかるという調査結果があります。飼育費用には、ワクチン代やトイレ用品代、治療費、トリミング代などがありますが、ドッグフード代の占める割合が大きいです。フードにかかる費用は、犬の体の大きさや性格などによって食べる量が違うため平均の値になります。どの程度の価格のフードが選ばれているのかなど、相場が分かるとフード選びの参考にすることができます。フードの内容や産地によって価格が変わるので種類は様々です。犬のフードの材料や価格の相場などについて掘り下げてみます。

犬のフードの原料や添加物と価格の関係

ドッグフードの価格はとても差が大きいです。その差の原因は原料にあります。それを確認するにはパッケージに記載されている原料を見ます。書かれている順番が多く使用されている原料の順番です。低価格のフードでは穀類が最初に書かれていることが多いのが特徴です。高価格のフードでは肉類の名前が書かれています。犬は肉食と考え動物性タンパク質を多く含むフードはそれだけ高価になるのです。また、肉類と言っても、「ミール」と書かれている場合は低価格の肉を使用しています。「ターキー」「ラム」などの名前が記載されているものが高価な傾向があります。添加物の使用も価格に影響する要因です。人間でも添加物がない方が健康に良いとされているように、犬のフードも添加物に配慮されたフードの方が高価なことが多いです。

フードの価格の相場やプレミアムフードについて

原料や添加物などにこだわったドッグフードは高価格な傾向があり、プレミアムフードと呼ばれています。決して低価格のフードが危険ということではなく、安全について検査されたフードです。犬種によって栄養のバランスに配慮したフードや、食物アレルギーを起こしにくい原料を使用することでも価格は高くなります。このようなことから考えると、1kgあたり1000円から2000円のフードが相場と言えます。ホームセンターなどでも1kg1000円ほどのフードを置いている所は多いです。動物病院やペットショップで販売されているものも1kg1000円からのフードが多いです。海外で作られたプレミアムフードの種類もとても多く、それぞれに特徴があります。相場はありますが、犬の健康や経済的な面からフード選びをします。